株初心者 入門編

株初心者がどうやったら儲かるのか?

株歴20年になるアフィリ飯なりの考えをご紹介します。

一言で株式投資と言っても

今はかなりのジャンルというかトレード方法があります

  • デイトレード
  • スイングトレード
  • 成長株投資
  • バリュー株投資
  • IPO投資
  • 投資信託
  • 高配当株投資
  • 米国株

思いつきで何点か挙げてみましたが、サイト管理人はすべて実践しており経験済です。

トレードの種類を並べてみましたが、
これは自分なりに難易度順にならべました。

難易度:A~Eの5段階

デイトレード

難易度:特A
一番難しいと感じて儲からなかったのがデイトレード(デイトレ)です

1日に何回も売買を繰り返すデイトレードですが、腕のあるトレーダーだと
短期間で資産が増えていきます。

ただ、この超短期トレードは、売買手数料もバカになりませんし、はっきり言って難しく儲けるためにはかなりの腕が必要です。

多くの人がデイトレに挑戦していきますが、ほとんどのトレーダーが稼げないために撤退していきます。

個人的には、チャートの理屈や売買ルールというよりも反射神経やセンス、才能がモノをいう世界だなと痛感しました。
サイト管理人は1年間ほどがんばって粘りましたが撤退しました。数百万円は溶かしたと思います。

 

スイングトレード

難易度:B

一般的には保有期間が数日~数週間になるのがスイングトレードです

技術的にはスイングトレードに関してはデイトレよりは難易度が下がるトレードで、もちろんセンスはあった方が有利なのですが
ある程度、理論&理屈でモノを考えられるトレードと言えます。

利益率は腕次第と言えます。

個人的にはリスクリワードを重視したスイングトレードで利益を出せるようになりました。

IPO投資

難易度:A

新規で上場する会社の株を買うことをIPOと言います。

上場前に株を買い、上場されたときの上場初値で売るという手法です。

かなり勝率の高い儲かるノウハウなのはたしかなのですが、実際にやってみるとなかなかIPOに当たらないわけです。

当たらないと株を買えないので売ることもできません。

当選するのも数億持っているような強者投資家にIPO優先権があるようなので、株初心者さんにおいしい話が回ってくるはずもありませんね。

 

高配当株投資

難易度:C~D

高い配当金を出す企業に絞り投資していくスタイルです。

比較的トレードの難易度は低めですが、年間利益率も3~5%程度の場合が多いのでタネ銭が少ない人は物足りないかも知れませんね。

たた、基本的には買った後はたまにチャートをみるだけなのでトレードを頻繁にする時間が無いという人には向いている投資法だと思う。

ただ、高配当株投資の場合は日本株よりも米国株の方が有利でやりやすいと思いますね。

 

成長株投資

難易度:A

株を購入する前にかなりの下調べが必要な投資法です。

最近の例ではダイエットジムを運営するライザップや、いきなりステーキを運営するペッパーフードサービス、セリア等があります。

こういう成長株を掴むには前もって各社の売上を四季報などを使ってマークしておかなければなりません。

成長株を掴むのに成功すると、5倍~10倍になるテンバガーを狙えます。

ただ、そういう銘柄はいつでも転がっているわけではないので常に市場を監視する必要があります。

 

投資信託

難易度:B

積立NISAがデビューしてから投資信託による積立投資が増えてきています。

しかし、運用会社は無茶苦茶増えているものの、ファンドマネージャーの実力不足では?と思える会社も多いです。

個人的には日本国内で実力を伴っている運用会社は5社くらいという感じです。

よって、投資信託で運用していくにはファンドマネージャーの能力で運用会社を選ぶことが重要だと思っています。

 

米国株

難易度:B

私も2018年度に米国株デビューしました。

というわけでかなり遅咲きの部類に入ります。

そして、米国株を購入してみた感想は米国株は強いなということ。

現在15銘柄に投資しておりますが、すべて利益が出ております。

業績が良い銘柄に投資すれば、何も考えなくても株価が上昇していく・・・そんな感じですね。

15戦15勝というのは自分の銘柄選択眼が優れているからではなく投資環境が良いからというのは言われなくてもわかっております。

ただ、米国株は強い・・・・。

 

株初心者 まとめ

個人投資家が株式投資で儲けるためのルール

1、デイトレードはしない
2、配当狙いのトレードで下値が比較的固めで、配当率3%以上の銘柄を購入して、あとはホールド
3、業績からみて株価が割安と思われる株に投資するバリュー投資
4、少し難易度が上がりますが、自分の売買ルールを作ってのスイングトレード

これからを実行していくと少なくとも株で損した!というリスクは少なくなるでしょう。